[芸能] 日本メディア「少女時代の分裂危機」報道、事務所側「あきれて対応する価値もない」

韓国メディアによると4日、少女時代の所属事務所であるSMエンターテインメントは日本のあるメディアによる「KARAだけじゃなかった?少女時代も分裂危機か」という記事に対して「記事が悪意的であきれる」とし「事実と違う内容で対応する価値もない」と同グループの解体説を切り捨てた。 これに先立って3日、日本のあるメディアは「KARAだけじゃなかった?少女時代も分裂危機か」というタイトルで少女時代の不和説を報道した。同メディアの報道によると少女時代のメンバーらは高卒組、大学生組、米国育ち組に分かれ、この中に見えない確執があるとと伝えた。 同メディアは過去にすでに終わっている誤った論争を再び持ち出してこの不和説を裏付けているが、韓国内の反応は信憑性が落ちるという雰囲気だ。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 03月 07日 21:21