[芸能] カン・ドンホ、日本で期待される次世代韓流スターに




ミュージカル出身の俳優カン・ドンホが日本の有名雑誌「FANDOME ASIA」で「2011年に期待される次世代韓流スター」に選ばれた。 

  カン・ドンホの所属事務所は17日、「カン・ドンホが『FANDOME ASIA』の次世代韓流スターに選定され、15日、ソウル江南(カンナム)でインタビューと写真撮影をした」と明らかにした。 

  撮影後、日本の雑誌側は「東方神起のユンホと出演した韓流ミュージカル『宮』でカン・ドンホが日本に知られた。 今回ドラマにも主演し、さらに注目を集めている」と評価した。 

  カン・ドンホは12日に放送が始まったMBC(文化放送)新週末劇「きらきら光る」で司法試験を準備する楽天的な性格のカン・デボムを演じている。 かわいい外貌で187センチの大きな身長が目を引く。 

  カン・ドンホは2005年にミュージカル「秘密の花園」でデビュー、その後「グリース」「ビューティフルゲーム」など10作品以上で主人公を演じた。

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 02月 18日 18:59