[芸能] KARA、結局解散か…また専属契約無効訴訟へ

KARAの3人のメンバー、ハン・スンヨン、チョン・ニコル、カン・ジヨンが所属事務所DSPエンターテイメントを相手取り、専属契約不存在確認訴訟を起こした。 1月19日にDSPメディアを相手に専属契約解約を通報した後、対話を通して合意する雰囲気だったが、14日、ソウル中央地裁に専属契約不存在確認訴訟を起こした。 KARAの日本活動をきっかけに和解を期待したファンには衝撃的なニュースだ。DSP側も当惑している。DSP側は「現在対応策を話し合っている」と明らかにした。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 02月 15日 03:07