[芸能] ソ・ジソプ、ヒップホップ歌手に変身

俳優ソ・ジソプがデジタルシングルを発表し、ファンキーヒップホップ歌手に変身する。 ソ・ジソプは17日、ヒップホップ曲「ピック・アップ・ライン」の音源とミュージックビデオを公開する。ソ・ジソプは「ピック・アップ・ライン」を通して新しい姿を見せる。専売特許のタフでシックなイメージだけでなく、セクシーながらもコミカルな魅力まで加味する考えだ。 ティーザー映像も2つのバージョンで制作された。14日に公開されるミュージックビデオ本編のティーザー映像に先立ち、10日にはコミックバージョンが登場する。コミックバージョンにはコメディアンのチョン・ジュンハとキム・ビョンマンが出演する。男性デュオを結成したチョン・ジュンハとキム・ビョンマンがソ・ジソプから助けを受ける設定で撮影された。 放送界のある関係者は「ソ・ジソプがこれほど破格的な姿を見せるのは、94年にデビューして以来初めて」とし「自分のイメージに対する固定観念を破りたいという意志が目を引く。冒険になるかもしれないが、大衆に違った姿を見せたいという勇気がすごい」と話した。 普段からヒップホップマニアとして知られるソ・ジソプは、09年にも「映画は映画だ」の挿入曲「孤独な人生」「おろかな愛」を歌手「G」という名前で発表している。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 02月 11日 02:11