[芸能] 日本でのKARAへの関心、ペ・ヨンジュンを超える

日本で活動中のKARAが、現地メディアの大きな関心を集めており、ペ・ヨンジュンを上回る症候群を生み出している。 日本メディアは3日、KARAの5人が日本を訪問した日から入国のニュースを速報で伝えた。これまで韓流スターの訪日が増え入国自体は大きなニュースにはならなかったがKARAは違った。この日羽田空港到着の姿を多くのカメラらが密着取材した。 特にフジテレビはKARA5人の飛行機での座席配置図まで公開し関心を集めさせた。ク・ハラとカン・ジヨンが一緒に座り、この2人を挟んでニコルとハン・スンヨンが各々左側と右側に、パク・ギュリが1列前に別に座ったことを示して目を引いた。 4日から始まった日本のドラマ「URAKARA」の撮影現場でも取材熱気が熱かった。ドラマを放映するテレビ東京の芸能番組が密着したほか、フジテレビも撮影現場を訪れた。あるメディアは、「5人で仲良くお昼をわけ合って食べた」という小さな内容まで伝えた。 また別のニュース番組はこうしたKARA関連報道について“KARA現象”と表現した。契約解除通知騒動からさらに関心が高まったことに対する分析だった。ペ・ヨンジュン以後こういう報道形態は事実上初めてだった。 KARA側は、「ひとまず活動を再開することにした上で日本でのドラマ撮影などにまい進している。様々な面で現地取材陣の関心が大きい。当分日本に留まることになるだろう」と明らかにした。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 02月 07日 18:51