[芸能] KARAの3人、日本での活動再開…確定スケジュールはすべて消化

3対2に分かれていたKARAが日本での活動再開に劇的に合意した。 所属事務所のDSPメディアと、離脱を宣言した3人側は27日、ソウル市内で秘密裏に交渉のテーブルについた。午後2時から始まった交渉は8時間を超える議論の末、午後10時を過ぎて終了した。双方は、「ひとまず約束された日本でのスケジュールを履行しよう」ということで合意した。 DSPメディア側は、「いつから活動を開始するかは再度会って交渉しなくてはならない。現在国内でのスケジュールは入っていない。日本のスケジュールだけが入っている状態で、まずは日本での活動から再開することで合意した」と明らかにした。KARAは日本のテレビ東京で放映中のドラマ「URAKARA」で主演を務めている。 離脱を宣言した3人側は、韓国演芸制作者協会、演芸マネージメント協会、歌手協会などが乗り出しチームへの復帰を促すなど守勢に出たことから、日本での活動は再開することを決心したとみられる。 DSPメディア側は、「日本での活動を再開することになったが、まだ意見の違いは多い。交渉をさらに進めなければならないとみられる。復帰時期は決まっていない。そしてKARAが5人体制で続けていかなければならないという原則はそのままだ」と話している。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 01月 28日 20:18