[芸能] チョ・ヒョンギル氏「KARA後見人しない」、立場覆す

Hプラスのチョ・ヒョンギル代表がKARAの後見人を自任して5時間で立場を翻意した。 チョ代表は26日、報道資料を通じ、「私は背後勢力ではなく、背後勢力もないので公開的にKARAを助けると申し出たもの。それでもDSPメディアが背後勢力をうんぬんして私を攻撃し、後見人役をしないことを決心した」と明らかにした。 また、「KARAメンバーらをこれ以上困らせることはできない」としながらも「名誉毀損、誣告(ぶこく)など私個人に対する法的対応は辞さない」と付け加えた。 韓国演芸制作者協会は25日、Hプラスのチョ・ヒョンギル代表を背後勢力だと名指ししてチョ代表がKARA3人に送った文字メッセージを公開した。これに対しチョ代表は26日に、「背後勢力にされたからには公開的にKARAを助ける」とくやしさを訴え、DSPメディアは「背後勢力に対し損害賠償請求、名誉毀損告訴など法的措置に着手した」と発表した状態だ。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 01月 27日 18:50