[芸能] 覚醒剤使用のキム・ソンミンに懲役2年6月の実刑判決

ソウル中央地裁は24日、海外から覚醒剤を密輸して使用し、大麻を吸引した容疑(麻薬類管理に関する法律違反)で逮捕起訴されたタレントのキム・ソンミン(37)に懲役2年6月と追徴金90万4500ウォン(約6万6700円)を言い渡した。 裁判所はこの日、「キム氏が覚醒剤を単純に投与しただけでなく、少なくない量を直接密輸して他の人と分け合って使用するなど罪質は悪い」と判断した。しかし、「犯行をすべて自白し誤りを深く悔いている点、株式投資失敗によるストレスとうつ病障害から麻薬を使用することになった点などを考慮した」と量刑理由を説明した。 裁判所はまた、「同じ番組(KBS「男の資格」)の共演者らと中国ファンクラブから嘆願書が送られてきた。芸能人の行動が社会にどれだけ大きな影響を及ぼすのか、芸能人としてのプレッシャーがどれだけ大きかったかがわかる」と付け加えた。キム・ソンミンには「再び麻薬をしないといった確約を忘れないように」と求めた。

©中央日報 / 中央日報日本語版 2011年 01月 25日 22:37