[芸能] KARA問題、沈静化の兆しなくうわさばかり盛んに

ガールグループのKARAの内紛状況が続く中、事態の進展をめぐり多くの話が出ている。 事件が知らされた19日当日にパク・ギュリを除いた4人のメンバーが所属事務所のDSPメディアを相手に専属契約解除通知をし、夕方になりク・ハラが事務所に残留するという立場を明らかにして目を引いた。残るメンバーが所属事務所に背を向けた理由は「会社がメンバーの意見を無視したまま無理な活動を強行し、人格的冒とくをしたため」とされた。だが、この主張と異なり芸能界全般では“金の問題”が関連しているとの疑惑が提起されている。 この過程で現在所属事務所と対立しているハン・スンヨン、ニコル、カン・ジヨンの背後に芸能界の大物が存在しているという説が浮び上がった。“大物がだれか”の推測が出る中、有名な映画制作者で、ドラマ「アイリス」「アテナ」を作ったテウォンエンターテインメントのチョン・テウォン代表がそのうちの1人とされている。チョン代表がKARAのあるメンバーの両親と親しいことから自然に近づくことが可能で、KARAのメンバーらに巨額を提示して招聘に出たという話だ。これに対しチョン代表はあるメディアとのインタビューを通じ、「とんでもない話」と一蹴した。その上で「わが社の副社長だった人物の英文イニシャルが私と同じJ氏であることから出てきた誤解。彼が今回の事態と関連があるかはわからないが、KARAのあるメンバーの母親と彼が清潭洞(チョンダムドン)で食堂をするなど懇意にしており、今回の事件の背後として自然に浮び上がったようだ」と説明した。 特定メンバーの両親が過度に欲を出したのが原因という話も出ている。ニコルの母親のキム・シャーリーさんが当事者として挙げられた。20日に自身のツイッターに「お金のために子どもの人生を賭ける両親はない。偽りにひざまずかない」という立場を明らかにして注目されたりもした。 DSPメディア側が1人のメンバーでも説得に成功するなら外部から他のメンバーを迎え入れKARAの命脈を続けさせようとしているという話も出てきた。所属事務所とメンバーらの間の対立が続く中で希望的な話も聞かれる。ハン・スンヨン、ニコル、カン・ジヨンがこの事態について再度対話を交わし、「DSPと交渉することもできる」として意見を調整中と説明した。来週中にKARAの全メンバーが集まり今回の問題に対して議論する時間を持つ計画という報道まで出ている状態だ。 さまざまな非難が乱舞する中、コアコンテンツメディアのキム・グァンス代表は、「KARAの3人がこのまま脱退するならば歌謡界から追い出さなければならない」という強硬発言でDSP側を味方して目を引いた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 01月 24日 18:44