[芸能] KARA、3人が公式立場を発表…解体危機は越えた?

19日にDSPメディアに対して専属契約の解除を通知したニコル、カン・ジヨン、ハン・スンヨン、ク・ハラの法律代理人とガールズグループKARAのメンバー3人の親が20日晩、法務法人ランドマークで話し合い、確認した立場を次の通り伝えた。 1.「5人のKARA」を望む。
メンバーが本当に望んでいるのは「5人組のKARA」だ。KARAのメンバーは5人のKARAが活動を継続できることを希望している。会社との関係で法的な問題があるが、メンバーは5人が引き続き一つのチームとして活動することを第一の原則と考えている。 2.「現在のKARAの活動が重要であり、会社は次の問題」
KARAのメンバーの立場で最も重要な事項は「KARAの活動」だ。KARAの活動が重要であり、マネジメント会社はアーティストの活動を支援するのが基本的な役割だ。会社にアーティストが従属しているのではない。私たちの問題提起もその点が核心だ。 3.「信頼できるマネジメント専門家を望む」
KARA側はKARAの能力と実力を十分に発揮できる専門的な芸能マネージメント会社のサポートを望む。芸能マネジメントの基本は信頼と専門性だと考える。またメンバーが望む所属事務所との関係は垂直的な上下関係でなく、信頼に基づいた水平的な協力関係だ。私たちは現在の会社が専門性を欠き、信頼関係が築けていないと何度も指摘してきた。 4.「DSPメディアはメンバーの分裂を助長する行動を直ちに中止すべき」
KARA側も「今回の事態の本質はメンバーと所属事務所の問題であり、決してメンバー間の問題ではない。メンバー間の不和がないにもかかわらず、所属事務所が介入し、メンバーに個人的に連絡してグループを分裂させている。メンバーのために誠意ある行動をとることを強く望む」と明らかにした。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 01月 21日 22:02