[芸能] パク・シニャン、ドラマ「サイン」の日本ロケで負傷

パク・シニャンがSBS水木曜ドラマ「サイン」の日本ロケで負傷し、18日、車椅子に乗って帰国した。 パク・シニャンはこの日午前、ツイッターで、「空港で待っていた方々にあいさつもできず、車椅子に乗って戻ることになり、どういうことがあったかお知らせします。少し負傷がありました」と明らかにした。 パク・シニャンは日本で、「撮影中、ふくらはぎの筋肉にけいれんがあり、大声を出しながら倒れてしまった。いま広島空港。かなり痛い。歩けない」とし「韓国に帰れば病院に行かなければいけないようだ。大きなけがでなければいいが…」と状況を説明していた。 パク・シニャン、キム・アジュン主演の「サイン」は11日から日本・広島で撮影を行っていた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 01月 20日 01:48