[芸能] 専属契約解除通知、KARAも東方神起に続き解体か?…韓流熱風に暗雲

昨年韓国アイドルブームが日本列島を掌握した中で、人気ガールグループのKARAが所属事務所のDSPエンターテイメントに専属契約解除を通知して衝撃を与えている。 パク・ギュリを除いたハン・スンヨン、チョン・ニコル、ク・ハラ、カン・ジヨンのメンバー4人は19日、法務法人ランドマークを通じて「KARAは所属事務所のDSPを相手に専属契約解除を通知する。DSPはすぐにマネージメント業務を中断せよ」と明らかにした。 韓国と日本での活動を併行しているKARAの活動に赤信号が灯ることになった。現在KARAは日本のガールグループによる韓流を主導しているだけに、K-POPブームにも否定的な影響を及ぼしかねないというのが歌謡界の支配的な意見だ。 さらにJYJと2人の東方神起に分かれて活動している5人組グループ東方神起のケースとも相まって韓流症候群は厳しい打撃を受ける見通しだ。

©中央日報日本語版 2011年 01月 19日 22:05