[芸能] 「アテナ」出演のBoA、「本当は気難しくないです」

「アテナ:戦争の女神」に出演したBoAがドラマでの役割と関連して釈明文を残した。 BoAは4日、自身のツイッターにSBS月火ドラマ「アテナ:戦争の女神」で、気難しいキャラクターでカメオ出演したことと関連し、実際の姿とは差があると書き込んだ。 3日の放映分でBoAは、日本でのコンサートを控え鋭敏な姿を見せ自分を警護するイ・ジョンウ(チョン・ウソン)に一貫して気難しい態度で接した。とてもリアルだったリハーサル場面と演技に、「実際のBoAの性格ではないか」と錯覚するほど。 BoAは放送後、ツイッターに「公演前に…あそこまで気難しくはありません。監督が注文した通り…」と釈明し照れくさがった。 4日の放映分では、BoAは暴漢に拉致される危機から救ってくれたイ・ジョンウに心を開いた。2人きりで車に乗り旅行に出かけ、浜辺でデートを楽しみ食堂でラーメンを食べるなど甘い思い出を作った。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 01月 06日 01:51