[芸能] 「韓日の若者の心開きたい」姜帝圭監督が制作費過去最大の戦争映画でカムバック(1)

「ブラザーフッド」の姜帝圭(カン・ジェギュ)監督が、新作「マイウェイ」で7年ぶりに帰ってくる。「マイウェイ」は2004年に1174万人の観客動員で歴代興行順位3位に入った「ブラザーフッド」とさまざまな面で似ていた。まず戦争ブロックバスターという外観が同じで、主演俳優もチャン・ドンゴンそのままだ。 戦争の野蛮性とそれによる人間性喪失を明らかにしていく点はもちろんだ。変わったのは時代背景とスケールだ。「ブラザーフッド」は韓国戦争による兄弟の悲劇を描いた。「マイウェイ」は第2次世界大戦当時、関東軍に徴集され日本・中国・ドイツ3カ国の軍服を順に着なければならなかった朝鮮人青年の運命を取り上げた。さらに日本人青年との歳月と国籍を越えた友情を通じ韓日間の真の疎通と和解という大きなテーマにまで触れる計画だ。 制作費は261億ウォン、マーケティング費などを含めた総制作費は300億ウォン台に上る。韓国映画史上最高の制作費だ。チャン・ドンゴンとオダギリジョーというアジアのスターをキャスティングし、韓日中3カ国同時公開の推進などで損益分岐点を一気に跳び越えようとする野心に満ちたプロジェクトだ。国内ではCJエンターテインメントとSKテレコムが投資した。多国籍プロジェクトの成功事例がほとんどなかった韓国映画界で「マイウェイ」の成功可否は熱い関心事だ。3日夜に昨年10月から全羅北道(チョンラブクド)のセマングムで撮影中の姜帝圭監督に電話インタビューした。「マイウェイ」は12月公開予定だ。 ――「マイウェイ」を撮ることになった理由は。
「3年前ぐらいだったか、ハリウッドのワーナーブラザーズ本社でキム・ビョンヨン氏が書いたシナリオ草稿を見せてくれた。その後SBSで放映されたドキュメンタリー『ノルマンディのコリアン』を見た。朝鮮人に生まれ、強制徴集されて日本・中国・ドイツの3カ国の軍服を順に着たあげくにノルマンディ海戦で米軍の捕虜になった男の実話だった。強烈だった。心臓がどきどきして血が沸く感じだった。草稿を読む時は制作だけするつもりだった。ドキュメンタリーを見てからなにをおいてもこの映画は必ず私が演出しなければならないと決心した」 ――また戦争映画だが。
「『ブラザーフッド』以後、もう戦争映画は撮らないと決心した。戦争映画は再度やるのが本当に恐ろしいジャンルだ。危険もたくさんあり、自然環境の影響もたくさん受ける。難題だらけだ。『マイウェイ』も昨年12月に雪と雨で苦労し進行が遅れた。『ブラザーフッド』は撮影が138回だった。これだけでも商業映画平均の3倍なのに、『マイウェイ』は156回だ。歴史を扱うので本当に意味深い作業だが、主題意識が大きいため撮影中は終始心が重いのも事実だ。1度やっているのでもう少しスムーズだ?あり得ないことで、創作者として最も警戒しなければならない部分でもある」

©中央日報 / 中央日報日本語版 2011年 01月 05日 23:06