[芸能] JYJ、結成後初めて地上波ニュース出演

JYJ(ユチョン・ジェジュン・ジュンス)が12月30日午前、KBS(韓国放送公社)2番組「ニュースタイム」に出演し、SMエンターテイメント(以下SM)との葛藤に関する考えを明らかにした。 JYJはSMから独立して活動する現状況を尋ねる質問に対し、「まだトンネルの延長線のようだ」とし「光を見たというよりも、どうやって抜けるべきか、さらに努力していかなければならないようだ」と答えた。SMから出た後、放送活動が順調に進んでいないことに対して、遺憾を表したのだ。 JYJは芸能人と所属事務所の間の不公正契約問題に対する考えも語った。最近、公正取引委員会(公取委)がSMに勧告した措置について尋ねると、「私たちの問題のためにこうした状況になったようだが、私たちは良い方向へ改善しようと努力してきた。どういう結果が出てくるかは見守らなければならないようだ。 すべての芸能人がよい環境で活動できればいい」と語った。この日の放送はJYJ結成後、初めての地上波ニュース出演という点で注目を集めた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 01月 04日 18:58