[芸能] Rain、パク・ジニョンと再結合?…「戦略的提携というだけ」

パク・ジニョンと3年ぶりの再結合で話題を集めたRain(ピ)が28日、「戦略提携というだけで、JYPの所属になるのではない」と明かした。 彼はホームページに「ジニョンさんと意気投合したことは、互いにパートナーとして最高の相乗効果を期待するという単なるパートナーとしての戦略提携というだけ。JYPの所属になるのではない」とし「軍入隊前まで、多彩で新しい姿を披露できると思う。また10年前、ジニョンさんと出会いRainという名前でスタートしたので、入隊前の締めくくりもジニョンさんとともにすることが互いには意味深いことだと思った」と本音を明かした。2007年、JYPエンターテインメントと再契約をせず、独立したRainは「再びJYPの所属になったのではない」と話して、戦略的提携に弾みをつけたのだ。 また、Jチューン・エンターテインメントの持分を処分する過程で、‘食い逃げ’騒動に巻き込まれたRainは、「Jチューン・エンターテインメントの所属芸能人というだけで、会社に係わるどのような持分もなく、権利も行使することができない。誤解している人がいないことを願う」とし株式関連の問題に誤解の余地を残さないよう特に気を遣っていた。続いて「これまでRainという名前で20代の10年間全てを捧げてきたと思います。長い間、愛してくださったすべての方々に本当に感謝します」と締めくくった。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2010年 12月 29日 03:05