[芸能] キム・アジュン「パク・シニャン先輩とは目も合わせられなかった」

SBS(ソウル放送)新ドラマ「サイン」でカムバックするタレントのキム・アジュンが、パク・シニャンとのエピソードを語った。 キム・アジュンは28日午後に放送されるSBS(ソウル放送)「強心臓」年末スペシャルに出演し、パク・シニャンとの最初の出会いについて「幼い頃から演技を見て、大好きな先輩だったのですごく緊張した。最初の撮影は幸い、無事に終えたが、2度目の撮影で事件が起きた」と話し、周囲の注目を集めた。 キム・アジュンはその時の撮影以来「パク・シニャン先輩をひどく恐れるようになり、食事ものどを通らなかった。 怖くて目も合わせられなかった」と衝撃的な告白をした。 この日の「強心臓」にはオム・ジウォン、チョン・ギョウン、キム・ジソン、チャン・ハンジュン、アン・ムンスク、ムン・チョンシクらが出演する。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2010年 12月 29日 02:14