[芸能] 「T-ara」所属事務所の代表が破産申請

女性グループ「T-ara」と「ダビチ」などが所属する芸能事務所「コアコンテンツメディア」のキム・グァンス代表(49)が10月にソウル中央地裁に個人破産を申請していたことが26日明らかになった。キム代表は、「2000年代半ばにエンターテインメント会社ポイボスの筆頭株主の保証人になり、昨年4月にポイボスが上場廃止されたことで190億ウォン(約13億円)相当の借金を抱え込み、所有する建物2軒が競売にかけられた」と明らかにしたとニューシスが報道した。キム代表は1981年に歌手インスニのマネジャーとして芸能事業に足を踏み入れた後、チョ・ソンモ、sg WANNA BE+、キム・ワンソン、ノ・ヨンシム、ダビチなどのレコードを製作した。

©中央日報 / 中央日報日本語版 2010年 12月 27日 19:17