[芸能] ジュンス出演ミュージカルのチケット、130万ウォンで取引

ジュンスが出演する大作ミュージカル「天国の涙」のチケットがネット上で130万ウォン(約10万円)で取引されている。 「天国の涙」制作会社側は23日、「2月1日から13日までの公演のチケットの前売りを始めたが、ジュンス出演分が5分で完売となった。大量のアクセスで接続障害も生じた。その後、130万ウォン相当のチケットがオンライン上に出てきている」とし「ジュンスのチケットパワーを証明するものだが、不当に高い値に困惑している。不法なので、絶対にこうしたチケットは売買すべきでない。2度目の前売りを行う予定なのでもう少し待ってほしい」と伝えた。 ジュンス出演分のチケットは「天国の涙」ホームページとジュンスのファンサイトを中心に出てきている。しかしサイトを利用するネットユーザーが不法チケット販売関連コメントが書き込まれればお互い申告をするなど‘自主検閲’が行われているため、まだ直接的な被害例は出ていないという。 制作会社のある関係者は「ジュンス個人の人気のためでもあるが、作品に参加した世界的な作曲家フランク・ワイルドホーンらの影響も大きいようだ。実力派が集まって制作したレベルの高いミュージカルのイメージが不法チケットのため損なわれないか心配している。それでもファンが自ら秩序を守っているのが幸いだ」と伝えた。 「天国の涙」はベトナム戦争を背景に切ない恋を描いた大作ミュージカル。ソルアンドカンパニーとクリエイティブプロダクションが世界市場を狙って手掛けたグローバルプロジェクトで、3年半にわたり準備された。 「ジキル&ハイド」の世界的な成功で認められた作曲家フランク・ワイルドホーンと「スウィーニー・トッド」の演出家ガブリエル・ベリー、そのほか、ブロードウェーの優秀制作スタッフが多数参加している。米軍大佐役を演じる世界的ミュージカルスター、ブレッド・リトルのキャスティングも話題だ。ジュンスはベトナムに派兵された韓国軍ジュン役を演じる。偶然出会ったベトナム人女性と運命的な恋に落ちる人物だ。 現在ジュンスは2月の公演のため毎日12時間以上練習している。ジュンスは1月、「モーツァルト」でミュージカル俳優デビューした。当時も前売り開始から3時間で15回の全席が完売した。この作品で第4回ミュージカルアワード、第16回韓国ミュージカル大賞の男優新人賞を受賞した。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2010年 12月 25日 01:43