[芸能] KARA・少女時代、日本で年間売上「300億ウォン」合作

ガールグループのKARAと少女時代が日本でなんと300億ウォン(約22億円)を稼いだ。 日本の産経スポーツは20日、「今年、K-POPガールグループ大旋風を巻き起こしたKARAと少女時代が、第43回オリコン年間ランキング2010のうち最高の売り上げを記録した新人アーティストに選ばれた」と報じた。 オリコン年間ランキングは全国3万9580店のデータを基礎に集計した売り上げ総額順位。KARAと少女時代はそれぞれ13億円(約180億ウォン)と8億8000万円(約120億ウォン)で1、2位を占めた。 産経スポーツによると、KARAは今年、日本でシングル2枚、アルバム5枚、DVD1枚など計8枚を発売した。少女時代はシングル2枚、アルバム6枚、DVD1枚の計9枚でこうした成果を出した。 作品別シングル売り上げ金額ランキングも少女時代の「Gee」と「GENIE」が1、2位に、KARAの「ジャンピン」が3位になった。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2010年 12月 21日 03:13