[芸能] パク・ジニョン、「バッドガール・グッドガール」は今年最高の曲

パク・ジニョンがMissAの「バッドガール・グッドガール」を「今年作った歌でもっともうまく作れた曲」に挙げた。17日に放映されたKBS第2テレビ「ユ・ヒヨルのスケッチブック」に出演したパク・ジニョンは、「今年作った曲で自分で考えてもうまく作った歌」を問うユ・ヒヨルに、「『バッドガール・グッドガール』を作り、自分の公演でやらなければと思った。その年に作った曲のうち良い曲は年末の自分の公演でやる考えだが、『バッドボーイ・グッドボーイ』に変えてやろうと思った」と満足感を示した。 「バッドガール・グッドガール」は著作権者のパク・ジニョンだけでなく、最近日刊スポーツで行われた有名作曲家10人を対象にした「今年最高の歌」を選ぶアンケート調査でも1位になった。パン・シヒョク、勇敢な兄弟、パク・グンテらは大衆性と音楽性を兼備した今年の歌としてこの曲を選んだ。 パン・シヒョクは、「久しぶりに聴いた新鮮なガールグループの音楽だ。ダンス、歌、歌手の三拍子が立派だ」と評した。勇敢な兄弟も、「曲のバランスがうまく合った曲」と話す。韓国と中国の少女らが半分ずつで構成するMissAは、後続シングル「Breathe」でどきどきするダンスを流行させ、一気に特級ガールグループの座についている。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2010年 12月 20日 18:42