[芸能] コメディアンのチョン・チャンゴル、大麻使用容疑で令状

コメディアンのチョン・チャンゴルが大麻を吸った容疑を受けている。 ソウル中央地検は15日、大麻を使用した疑い(麻薬類管理に関する法律違反)などでチョン・チャンゴルに対する拘束令状を請求した。 検察はキム・ソンミンとの関連性を否認したが、捜査過程で追加で明らかになったとみられる。このため「キム・ソンミン・リスト」の存在の可能性がまた高まっている。 チョン・チャンゴルは91年にKBS(韓国放送公社)ギャグコンテストでデビューした後、コメディアンとして活動、時々、映画や演劇にも出演した。最近はSBS番組「接続ムービーワールド」の司会を務め、ケーブルチャンネルOCNの史劇「夜叉」にも出演した。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2010年 12月 16日 01:07