[芸能] 少女時代のユリ、「日本での活動では脚にもメークする」

少女時代のユリが日本での活動の苦労を打ち明けた。 ユリは11月30日に放送されたSBSの芸能番組「強心臓」で、「日本では脚から撮られ、傷が多くあざも多い脚にメーキャップをし始めた。吹き出物のトラブルを隠すもので脚も隠し、顔よりも脚に神経を使った」と率直に告白した。 ユリは脚にばかり集まる過度な関心に残念がった。ユリは、「事実私たちのメンバー全員の脚がきれいなわけではない。日本では芸能番組やインタビューでの質問が脚ばかりだった」と話した。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2010年 12月 01日 23:59