[芸能] 俳優パク・ヘジン、精神分裂症での兵役免除疑惑で再捜査

精神分裂症を理由に兵役免除を受けたタレントのパク・ヘジンが、結局警察の再捜査を受けることになった。 ソウル・水西(スソ)警察署は26日、パク・ヘジンの兵役免除疑惑に対する再捜査計画を明らかにした。もしも不正が確認された場合には、法律に基づき再審議を経て軍に入隊する可能性もあり、警察の捜査結果が注目される。 これに先立ち警察は、パク・ヘジンが精神分裂症により大邱(テグ)にある病院で治療を受け、2004年に兵役免除を受けた過程で疑惑があるとの情報を入手し内偵捜査をおこなっていたが、公訴時効にかかり先月に捜査を終結していた。 2007年の刑事訴訟法改正により兵役法上の不正容疑に対する公訴時効が5年から7年に伸びたが、パク・ヘジンは改正前の2004年3月に兵役免除を受けており、不正が事実と明らかになったとしても処罰を受けることはない。 しかし警察は最近の北朝鮮による砲撃挑発と前後してパク・ヘジンの兵役免除疑惑の火種が大きくなっていることから、真実を明らかにしてほしいという兵務庁と市民らの要請を受け再捜査を進めることにしたという。もしも警察の捜査で兵役不正が確認されれば、現役入隊上限年齢の満30歳を超えていないパク・ヘジンは再審議を経て軍に入隊することもあり得る。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2010年 11月 27日 02:50