[芸能] 韓流スター130人、タイに韓国人の温情伝える

キム・レウォン、イ・ジョンジェ、キム・ソナら韓流スター130人が30日からタイ・バンコクで開催される「コリアフェスティバル2010チャリティー行事」に愛用品を寄贈した。 タイ軍の韓国戦争(1950−53)参戦60周年を記念すると同時に、最近発生したタイの水害による被災者300万人を支援するため、駐タイ韓国大使館と韓・タイ交流センター(KTCC)が準備した今回の行事は、タイに韓国人の温情を伝えるために企画された。 150本以上の韓国ドラマが放送され、韓流がピークを迎えているタイで、130人を超える芸能人が同時に慈善バザーを行うのは類例がない。参加芸能人はほとんどがタイで放送されたドラマ・映画の出演俳優やタイで人気が高い歌手ら。 東方神起(トンバンシンギ)のチャンミン、ユンホをはじめ、タイで撮影した映画「タイフーン」のイ・ジョンジェ、韓流第1世代のベイビーボックスのイ・ヒジン、タイで放送された最初の史劇「チャングム」のパク・ウネが愛用品を寄贈し、4Minute、SHINee、f(x)ら新鋭アイドルも参加した。 芸能人だけでなくタイで放送されたヒットドラマの演出家も加わった。 「秋の童話」「冬のソナタ」で東南アジアに韓流を起こした尹錫瑚(ユン・ソクホ)氏、「フルハウス」のピョ・ミンス氏、「オー!必勝ポン・スニョン」のチ・ヨンス氏らもバザー会に愛蔵品を出した。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2010年 11月 25日 18:42