[芸能] 台湾の度を超えた反韓感情、少女時代ら不買運動

台湾内の反韓感情が韓流歌手らに影響を及ぼしている。 台湾の日刊紙、中国時報と中天新聞は22日、ホームページを通じて「反韓感情が広がり少女時代とWonder Girlsなど韓国歌手らが影響を受けている。当初12月2日開かれる第54回アジア太平洋映画祭に少女時代とWonder Girlsを招こうとしたが韓国に対する感情が悪化しており結局キャンセルした」と報道した。また、「少女時代とWonder Girlsなど韓国歌手らのアルバムに対しても不買運動が進んでいる」と付け加えた。 台湾人らは17日に広州アジア大会テコンドー女49キロ級予選1回戦に出場した自国のテコンドー選手楊淑君が9対0でリードしている中、規定外の装備を使ったという理由で失格となったことに不満を抱き、韓国スターらに対する露骨な非難はもちろん、太極旗を破り韓国ブランド商品の不買運動を行うなど、テコンドー宗主国の韓国に度を超えた憤怒を示している。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2010年 11月 24日 22:06