[芸能] <大韓民国映画大賞>ウォンビン、主演男優賞受賞に涙ぽろぽろ

ウォンビンが2度目の主演男優賞の前に結局涙を見せた。 ウォンビンは18日にソウルの世宗(セジョン)文化会館で開かれた第8回大韓民国映画大賞授賞式で、「アジョシ」で主演男優賞を受賞した後、所感を話しながら、こみ上げてくる姿を見せた。 ウォンビンは、「このように大先輩がたくさんおられる前で賞を受けるのは申し訳ない。さびしくないように暮らせるよういつも応援してくれるファンに感謝する」と述べた。緊張した表情で感想を続けたウォンビンは、途中で突然感情がほとばしったように瞬間的に泣き出しそうな顔になり頭を下げた。 これに観客らは拍手で応援した。ウォンビンは先月末の第47回大鐘賞映画祭に続き主演男優賞を2回連続で受賞した。 主演女優賞は「キム・ボクナム殺人事件の転末」のソ・ヨンヒが受賞した。ソ・ヨンヒは、「これまで私に資質がないのか、やめなければならないのか考えた。俳優として認められたようでとても気分が良い」と笑った。また、監督賞は「詩」のイ・チャンドン監督、最優秀作品賞は「詩」に贈られた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2010年 11月 19日 19:49