[芸能] Brown Eyed Girls、日本の放送でセクハラされた? 

ガールグループのBrown Eyed Girlsが、日本の放送でセクハラされたという主張が出ており議論を呼んでいる。 Brown Eyed Girlsは15日に放映された日本テレビのトークショー「しゃべくり007」に出演し、ミリョの流ちょうな日本語を基盤に積極的で楽しい姿を見せた。しかしMCらがBrown Eyed Girlsの人気曲「アブラカタブラ」に合わせてダンスを踊っている間、Brown Eyed Girlsに駆け寄って身体を密着させるなど低俗な行動を見せ眉をひそめさせた。放送に接したネットユーザーらは、「いくらセクシーコンセプトの女性アイドルとはいえ度が過ぎるのではないか」「海外からゲストを呼んで無礼だ」「これはセクハラ」などと怒りを表現した。 これに対してBrown Eyed Girlsの所属事務所関係者は、「ダンスで見せた誇張された行動に誤解が生じたようだ。現場では問題にならなかったし、セクハラの意図を感じることもなかった。放送をおもしろくするための行動だとBrown Eyed Girlsのメンバーらも不愉快に思うことはなかった」と伝えた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2010年 11月 17日 19:44