[芸能] タレントのパク・ヘサンが死亡…芸能界「11月の怪談」復活か

タレントのパク・ヘサン死亡のニュースに、芸能界の「11月の怪談」がまたも注目されている。 パク・ヘサンが12日に自宅で死亡しているのが発見されたというニュースが伝えられた。11月だけで1日にタレントのカン・デソンの死亡、12日に歌手イ・ジンウォンの死亡に続く3人目の死亡のニュースだ。これに多くのネットユーザーらが芸能界の「11月の怪談」がまた始まるのではないかと不安な視線を送っている。 「11月の怪談」は、毎年11月になると芸能界に大きな事件が起きるという怪談だ。1987年11月1日に歌手のユ・ジェハが交通事故で夭折したことから始まった。以後1990年の同じ日には歌手のキム・ヒョンシクが肝硬変で死亡し、1995年11月20日にはダンスグループ「DEUX」のキム・ソンジェが死亡し衝撃を与えた。2000年代に入るとキム・スンウとイ・ミヨンの離婚、コ・ヒョンジョンの離婚、カン・ウォンレの交通事故、ファン・スジョンとPSYの麻薬服用、ペク・ジヨンのビデオ流出などの事件が11月に発生している。昨年はモデルのキム・ダウルがパリで自殺したほか、新型インフルエンザの流行で多くの芸能人が感染している。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2010年 11月 15日 22:08