[芸能] 少女時代、「奴隷契約」陳述ため審判廷に立つ?

グループ少女時代が公正取引委員会(以下、公取委)審判廷に立つかどうかに関心が集まっている。 15日午前、「少女時代が東方神起の専属契約に関し、奴隷契約実態に対する公取委調査過程に参考人資格で立つ」というメディア報道に対し、SMエンターテイメント(以下SM)は「今のところ少女時代が出席する計画はない。公取委側の要請があったのは事実だが、出席するかどうかという結論は出していない」と明らかにした。 公取委側は、東方神起と似た状況で専属契約を結んだ少女時代から契約実態を直接聞くため少女時代の出席を要求した、と伝えられた。公取委の今回の調査は、東方神起のファンクラブが今年初め、公取委ソウル事務所に「SMが取引上の地位を乱用し、東方神起に不利益を与えた」として、不公正契約の有無の判定を要求したことが始まった。8月に東方神起のメンバー3人(ジュンス、ユチョン、ジェジュン)が専属契約に問題があるとしてチームから離脱し、ファンも3人を後押ししたのだ。 しかし公取委の要請通り少女時代が来月初め公取委審判廷に出て陳述しても、「SMの現専属契約が奴隷契約の可能性がある」と陳述をする可能性はほとんどないとみられる。SMは東方神起3人の問題が膨らんだ後、少女時代・SUPER JUNIORなど所属歌手との契約問題について緊密に議論を進行し、内部結束を固めている。 公取委側はSMが提出した証拠書類などを参考にし、来年初めSMの専属契約に不公正があるかどうかを判断をする予定だ。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2010年 11月 15日 22:07