[芸能] JYJ、米国ビザ発給拒否されて有料公演できず

男性3人組のJYJ(ジェジュン、ユチョン、ジュンス)が米国興行ビザ(P1)の発給を拒否され、有料公演をキャンセルした。 JYJのマネージメント社シージェスエンターテイメントは12日、公式サイトを通じて「JYJの米国興行ビザ(P1)申請をしたが拒否された。本来の計画どおりコンサートを実施することができない」と明らかにした。 すでに航空料と宿泊費などショーケース関連費用の支払をすべて終えた状態であることからJYJ側は無料公演に路線を変えた。シージェス側は「無料公演は可能だという弁護士の助言によって公演をキャンセルせず、無料でショーケースを開く計画だ。販売されたチケットは11日から払い戻している」と説明した。 JYJの米国ショーケース(12日ニューヨーク、14日ラスベガス、19日ロサンゼルス)はこれにより、すべて無料で行われる。 JYJ側はビザがなぜ拒否されたのかについて、米政府の公式回答を待っている。

©JES / 中央日報日本語版 2010年 11月 13日 02:31