[芸能] 公開オーディションでハン・ソンファがチョン・ジュノの相手役に

女性グループ、シークレットのハン・ソンファが女優デビューする。 7日午前、放送されたMBCバラエティー「花束」で、映画「リトルヒーロー」のキャスティングを条件としてオーディションが実施され、ハン・ソンファが合格、その場で出演契約をした。 「リトルヒーロー」は「素足のキボン」(06)で250万の観客を動員したクォン・スギョン監督の次期作で、12月にクランクイン、来年公開の予定だ。主演はチョン・ジュノ。 この日の番組にはクォン監督と女優チェ・ラン、俳優パク・ジュンギュが審査委員として参加し、34人の女性グループ出演者たちを対象にオーディションを行った。 ハン・ソンファは1次審査で30点満点で27点をマークし、2次審査で「私の名前はキム・サムスン」の演技で審査委員の心を捕らえた。 オレンジキャラメルのリジ、レインボーのジェギョン、ファンボら4人に絞られた最終審査で、最終的に審査委員3人の合格点を得て出演者に決まった。 クォン監督が出演契約書に直接サインした。

©JES / 中央日報日本語版 2010年 11月 08日 19:54