[芸能] SM、JYJアルバム販売禁止を取り下げ…「専属権は放棄しない」

SMエンターテイメント(以下SM)が、東方神起のメンバー3人(ジェジュン・ユチョン・ジュンス)が結成したJYJのデビューアルバム「The Beginning」の販売禁止仮処分申請を取り下げた。 SMは27日、「12日にJYJのアルバム流通を担当しているワーナーミュージックコリアに販売禁止仮処分訴訟を起こした。 しかしすでにアルバムが発売され、仮処分の実益がないため取り下げた」と明らかにした。 しかしSMはJYJとの専属権問題については相変わらず強硬な立場を表した。 SMは「JYJは今もSMと専属契約状態にあり、新しい事務所Cjesエンターテイメントと専属契約を結んだのは二重契約」と説明した。 JYJは昨年7月末からSMと専属権問題などをめぐり激しく対立している。 現在3人は事実上、独自に活動し、12日午後にはソウル安岩洞(アンアムドン)高麗(コリョ)大学ファジョン体育館で「JYJワールドワイドショーケース」を開いた。 11月27、28日にはソウル蚕室(チャムシル)五輪主競技場で初のワールドワイドコンサートを開く予定。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2010年 10月 28日 18:35