[芸能] 韓国人初のビルボードトップ…東洋人では47年ぶりの快挙

在米韓国人2名を含む4人組のヒップホップグループ「Far East Movement」がビルボードチャート1位という快挙を成し遂げた。韓国系のメンバー、Prohgress(ジェームス・ノ、韓国名ジファン)は生後8カ月、J−Splif(ジェイ・ジョン、韓国名ジェウォン)は7歳の時に米国に移民した。Kev Nishは日本・中国系、DJ Virmanはフィリピン系だ。 ヒップホップ・ジャズ・ダンスなどのチャートで頂点に立ったのではない。すべてのシングル曲を対象にした最も影響力のある「Hot 100」チャートで‘金メダル’をつかんだのだ。韓国人では初めて、東洋人では日本の男性歌手、坂本九以来47年ぶりとなる。坂本九は日本料理名「スキヤキ(Sukiyaki)」という曲で1963年、3週間このチャートで1位になった。 米国で話題のグループ「Far East Movement」は「私たちの成功は人種・国家・性別を越えて、インターネットで思う存分望みのコンテンツを楽しめる‘世代の力’のおかげ」と語った。

©中央日報日本語版 2010年 10月 25日 18:40