[芸能] 「大物」クォン・サンウvs「逃亡者」ピ 韓流観光対決

SBS(ソウル放送)「大物」とKBS(韓国放送公社)2「逃亡者プランB」の水木曜ドラマ競争が、舞台を韓流観光に拡張して激しくなっている。「大物」のクォン・サンウと「逃亡者プランB」の作品を代表する韓流スターを見るために、日本など海外ファンがロケ場に集まっている。「大物」と「逃亡者プランB」の制作会社は、クォン・サンウとピを前面に出した撮影場ツアー観光商品で、韓流スターと海外ファンの接点を作っている。 「逃亡者プランB」の製作会社エスワンムンジョン社は9月から旅行商品を企画し、16日に1回目のツアーを開催した。約100人の日本女性ファンが坡州(パジュ)撮影場を集まり、ピの迫力感あふれる自動車追撃シーンを見守った。ピは撮影の合い間に海外ファンと一緒に写真を撮影するなど、ファンサービスも惜しまなかった。 「逃亡者プランB」の広報担当ファン・ジョンア氏は「申し込みが多いので回数を分けてツアーを行っている。今後はフィリピン・マカオなど海外ロケ地旅行商品も出す予定」と述べた。 「大物」のクォン・サンウはさらに大きな規模で海外ファンツアーを計画している。京畿道驪州(キョンギド・ヨジュ)の撮影場にファンを招待する予定だ。これまで約1000人の日本人ファンが参加を申し込んでいる。映画「四月の雪」などでペ・ヨンジュンが行った韓流ツアー並みの規模だ。 制作会社イギムプロドクションの関係者は「撮影スケジュールに合わせてツアー日程さえ確定すればよい」とし「ドラマでクォン・サンウの父が経営する食堂がある長興(チャンフン)の撮影場は、すでに日本ファンの間で観光名所になっている」と伝えた。 ©ISPLUS / 中央日報日本語版

©JES / 中央日報日本語版 2010年 10月 18日 22:07