[芸能] 視聴率1位のドラマ「大物」、突然の作家交代…政治的弾圧?

水・木曜ドラマ視聴率1位のSBS(ソウル放送)「大物」の作家が交代し、論議を呼んでいる。 第3話で視聴率1位になったドラマ「大物」のメーン作家が交代した。 ドラマの人気を考えると異例だ。 チーフプロデューサーのク・ボングン氏は最近、「作家が交代したのは事実」とし「作家のファン・ウンギョン氏が初回から最後まで執筆することになっていたが、第4話から作品の方向と意見が監督と食い違い、途中で下車することになった」と説明した。 続いて「作家が交代し、最初に構想した作品とは完全には一致しないが、流れが損なわれないように意見調整をしている。 ストーリーの展開には大きな問題はないだろう」と述べた。 視聴者は「(作家交代の理由が)理解できない」という反応を見せている。 一方では「政界の関心が高かっただけに、政治的な外圧があったのではないか」という疑問も提起されている。 「ニューハート」などを執筆した作家ファン・ウンギョン氏は14日に放送される第4話まで参加した。 第5話から執筆する作家ユ・ドンユン氏は「女性天下」「無人時代」「王と私」などを執筆している。

©JES / Joins.com 2010年 10月 15日 18:41