[芸能] ドラマ「大物」、最高の受恵者はクォン・サンウ?

俳優クォン・サンウがSBS(ソウル放送)水木曜ドラマ「大物」の恩恵を受けている。 13日の放送後、視聴者は「今年登場したドラマキャラクターの中で最高だ」「ハ・ドヤ(クォン・サンウ)のおかげでドラマが楽しい」などと、クォン・サンウが演じるハ・ドヤに熱狂する反応を見せている。 「クォン・サンウは嫌いだが、ハ・ドヤは好感を与える」「クォン・サンウがこれほどの演技をするとは思っていなかった」などのほか、‘非好感’のクォン・サンウが‘好感’に変わったというコメントが多い。 クォン・サンウは「交通事故を起こした後、車を捨てて逃げた」という容疑を受け、「非好感芸能人」に分類されていた。 クォン・サンウは「大物」でおよそ1年ぶりにテレビ劇場に復帰した。 ハ・ドヤはかつて不良高校生だったが、不当な権力に悔しい思いをした経験から検事になった人物だ。 心が深く正義感が強いが、ふてぶてしいところが、魅力として映っている。 この日の「大物」は視聴率26.4%(AGBニールセン・メディア・リサーチ)を記録し、わずか3話目で視聴率30%を目前にしている。

©JES / Joins.com 2010年 10月 15日 03:08