[芸能] 東方神起3人「海外活動責任感じる」

東方神起3人(ユチョン、ジュンス、ジェジュン)がソウルG20首脳会議ブログインタビューで海外活動での思いを打ち明けた。 東方神起3人は「世界に大韓民国を知らせることに参加できてうれしい」とし「海外ファンたちは私たちの歌のみならず韓国に愛情を持って応援してくれるのだから韓国を代表する歌手として海外活動に特に責任を感じる」と話した。 G20首脳会議で進行中の「思いやりキャンペーン」に対してもメンバー各自が普段の思いを明らかにした。KBS2「成均館スキャンダル」に出演中のミッキー・ユチョンは「儒生役で『論語』を勉強しながら大きな人になるためにはどのような面貌を備えなければならないか学んでいる」とし「もっと大きな大韓民国になるためには秩序を守るように相手に気配りする心が重要なようだ」と述べた。 ジュンスはごみをごみ箱に捨てるエチケットを、ジェジュンは道で通り過ぎる人とぶつかった時「すみません」と言えるグローバルマナーを挙げた。 今回のインタビューはG20首脳会議ブログのリレーインタビューの一環として進行された。 東方神起3人に先立ってキム・ヨナ、朴智星(パク・チソン)、朴泰桓(パク・テファン)、エドワード・クォンシェフらがインタビューに参加した。

©JES / Joins.com 2010年 09月 29日 01:58