[芸能] ウォンビン「義兵転役後に疑われたときが一番つらい」

「義兵転役後、疑惑をもたれた時がデビュー以来一番悩み苦しんだ」 俳優ウォンビン(33)が去る19日日刊スポーツとのインタビューで2006年膝十字靭帯破裂で入隊7カ月で」義兵転役した当時の気持ちを打ち明けた。 ウォンビンは「義兵転役措置を受け、一番つらかったのは実は私だった。軍生活に対する欲もあったし、「最後までやって帰ってくる」と(ファンと)約束もした。ひざのじん帯をけがしてこれ以上服務が不可能だという判定を受け、むなしい状態だったが、泣き面に蜂で義兵転役判定に対する疑惑と悪く見る世論が出た。デマに耐えるのが大変だった」と説明した。 当時、論難が拡散すると、国軍春川病院義務司令部側は「義兵転役判定には一点の疑惑もない。特恵はなかった。ウォンビン側と相談して診療記録を公開するつもりもある」という方針を明らかにした。 彼は2006年4月、膝十字じん帯破裂で手術後、国軍春川病院義務審査委員会で5級負傷診断(1審)、所属7師団上級部隊である1軍司令部で全域判定(2審)をそれぞれ受けてその年6月、早期転役した。 「服務期間2年をすべて満たさなければならないというのが私の考えだ。それができず一緒に勤めた同期たちに今もすまないと思っている。一時つらかったが、自分ができることに力を尽くすのが最善だと思って1年半の間、ひざのリハビリにだけ邁進した」と付け加えた。 ウォンビンは来月5日に公開される「おじさん」で、拉致された隣家の少女を救う前職特殊要員の役を演じている。

(C) Joins.com 2010年 07月 21日 18:47