[芸能] ソ・ジソブ、パク・ヨンハさんの葬儀費用を全額負担

「これから熱心に生きることが故人に対する道理だと思う」 所属事務所51Kのキム・ジョンヒ代表が5日、インタビュー要請を重ねて受けたソ・ジソブの意を代わりに伝えた。ソ・ジソブは3日間、故パク・ヨンハさんの焼香所にいたほか、3日は雨の中の三虞祭にも参列した。 ソ・ジソブはパク・ヨンハさんの訃報を伝え聞いた先月30日、真っ先に焼香所を訪ねた。彼は友達の最期の道を最後まで一緒にし、葬礼費用全額を代わりに支払った。友達として彼が最後にパク・ヨンハさんにしてあげられる最小限の気持ちだった。 「葬礼費用を支払ったということを知られてしまい困惑している。友達として道理を果たしただけだ。しばらく自宅で気持ちの整理しなければならないようだ」と所属事務所を通じて話した。 ソ・ジソブはパク・ヨンハさんと20歳のころの無名時代に会って15年近く友情をはぐくんだ。互いを「ベストフレンド」と言うのにためらわないほど深い友情を分かち合い、苦楽をともにした。ネットカフェでカップ麺を一緒に分けて食べ、借家で互いを慰めながら焼酎を飲み交わした。

(C) Joins.com 2010年 07月 07日 02:37