[芸能] SS501、キム・ヒョンジュン負傷でバラード曲を歌う

5人組男性グループSS501がリーダーキム・ヒョンジュンの負傷によりバラード曲でステージに立った。 SS501が22日午後8時40分、ソウル麻浦区ワールドカップ競技場で行われた「2010愛する大韓民国ドリームコンサート」のステージで「1日だけ」とニューアルバム収録曲「Let Me Be The One」など2曲を熱唱した。ブラックトーンのスーツを着て並んでステージに立った彼らはバラード曲でしっとりと歌った。 SS501のキム・ギュジョンは「実は新曲『Love Ya』を披露しようとしたが、やむを得ない事情でおあずけになった」とし「来月4日から新曲で活動する」と伝えた。 キム・ヒョンジュンは12日夜、ソウル蚕室自宅近くで軽微な自動車接触事故により、肋骨打撲とかすり傷など全治2週間のけがをした。 SS501の所属事務所DSPメディアは22日「キム・ヒョンジュンがダンスをするのには無理があって、バラード曲を代わりに歌った」とし「新しいアルバム活動は予定通り行う」と説明した。

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2010年 05月 24日 19:28