[芸能] 2PMテギョン、カメラの外でも方言

KBS2水木ドラマ「シンデレラのお姉さん」のテギョンがカメラの外でも慶尚道方言を使っている。 ドラマ制作会社エーストーリー代表は18日「テギョンが慶尚道方言を使う声優を演じるために普段も方言を使う」とし「初の演技で、出番も多く心配したが、テギョンが努力でこれを乗り越えている」と伝えた。 テギョンは釜山生まれだが、小学校の時に米国に移住し7年間外国生活をした。共通語と英語に慣れたテギョンに慶尚道方言は外国語と同じだった。 テギョンのある側近は「テギョンが2PMメンバーのうち釜山と大邱出身であるウヨン、ジュンスと方言で話している。1日中方言を口にして自信になったようだ」と話した。

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2010年 05月 21日 18:43