[芸能] ユン・ミレ/タイガーJK、米ヒップホップ界進出の夢かなえる

ユン・ミレが夫のタイガーJKとともに米国本土ヒップホップ界進出の夢をつかんだ。 タイガーJK/ユン・ミレ夫妻は最近、米国の有名ヒップホップグループDilated PeoplesのメンバーRakaaのソロアルバムにEpik Highとともにフィーチャリングで参加した。 タイガーJK/ユン・ミレ夫妻の米国ヒップホップ界進出は、これまで夫の引きとめで米国進出の機会をものにできなかったユン・ミレが夫婦ともに夢をつかむようになったという点で意味がある。ユン・ミレは 2008年来韓公演を行ったJay‐Zら、米国ヒップホップスターたちから米国進出のオファーを受けたが、出産などで体力の落ちた妻を心配したタイガーJKが引きとめ、志を果たすことができなかった。 タイガーJK夫妻の所属事務所ジャングルエンターテイメントの関係者は「Rakaaは国内ヒップホップ歌手と交流してきたミュージシャンで、タイガーJK/ユンミレ、Epik Highたちの実力を高く評価した」と伝えた。 また「良い交流の機会となり、これから本格的な米国進出ができるものと期待する」と付け加えた。

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2010年 05月 18日 18:48