[芸能] キム・ミンジョン、アイリス2「アテナ:戦争の女神」電撃合流!

2010年最高の期待作『アイリス』スピンオフ版である『アテナ:戦争の女神』にジョン・ウソン、チャ・スンウォン、スエ、イ・ジアに続きキム・ミンジョンが電撃合流、豪華なキャスティングラインを整えつつある。 キム・ミンジョンが『アテナ:戦争の女神』で引き受けたキャラクターは元北朝鮮対外情報調査部工作員キム・ギス。北朝鮮のお坊ちゃん出身の<キム・ギス>。彼は北朝鮮の対外情報調査部工作員として中国で工作中韓国側に逮捕されて電撃亡命した人物だ。 キム・ミンジョンは落ち着きありカリスマあふれる既存のイメージから転身、ふてぶてしくて俗物的な<ギス>を通じてデビュー以後なかなか見られなかったキャラクターでファンにお目見えする予定。 特に<ジョンウ>役を演じるジョン・ウソンとは徹底的な共生関係でからまったパートナーシップを繰り広げるらしく、興味を引く。製作会社(株)テウォンエンターテイメントは落ち着いた演技力と主演俳優のジョン・ウソンのパートナーとして抑えきれないエネルギーを持ったキム・ミンジョンを早くから<ギス>役に指名していた状態で、またキム・ミンジョンも大作『アテナ:戦争の女神』の中で最もユニークなキャラクターであるギス役を快く受諾した。序盤、二人の軽い出会いは時間を重ねるたび国家の存廃を左右する巨大な運命の渦中に流される予定なのでジョン・ウソン、キム・ミンジョンの2人の俳優が疲労するデュオ演技がより一層期待される。 ジョン・ウソン、チャ・スンウォン、スエ、イ・ジアという最高のキャスティングに続き成熟した演技と深みのある俳優、キム・ミンジョンのキャスティングで2010年最高の話題作の面目を誇示している。『アテナ〜』はヨーロッパ、日本など総6ヶ国に渡る海外ロケーションで前作『アイリス』より一層巨大になったスケールと見どころをプレゼントする予定。また『アテナ〜』は巨大なスケールにだけにこだわらず韓半島を抜け出して世界へ向かう華麗で軽快な感じでスタイリッシュなスパイの姿を披露する予定。 今年の下半期放送を目標に6月初めての撮影を始める予定だ。

(C) 104KOREA.JP 2010年 05月 18日 03:03