[芸能] ジェームズ・キャメロン監督、SM・三星電子とタッグ

全世界28億ドルの興行収益をあげた3D映画「アバター」の監督ジェームズ・キャメロンがSMエンターテイメント、三星(サムスン)電子とタッグを組む。 SMエンターテイメントは13日「ジェームズ・キャメロン監督とSMエンターテイメント、三星電子が14日午前11時、ソウル瑞草洞三星電子社屋で3Dコンテンツ協力関連記者懇談会を開き、具体的な事業方向に対して説明する予定」と伝えた。 現在、三星電子はフルHD3Dテレビを世界で初めて発売するなど3D映像事業に総力を傾けている。SMエンターテイメントも今年初め、韓国科学技術研究院を訪問して開発中の3D関連技術などを芸能産業に利用するアイディアを構想したという。今回の懇談会にはSMエンターテイメントプロデューサー李秀満(イ・スマン)氏と歌手BoA、ユンホ、チャンミンらも参加する予定で、これら事業に対する関心はますます高まっている。

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2010年 05月 14日 18:45