[芸能] キム・ヨナ、BIG BANGが一緒に歌ったW杯応援歌

‘フィギュアクイーン’キム・ヨナ、アイドルグループのBIG BANG、ロックグループのTrans Fixionが一緒に歌った2010南アフリカワールドカップ(W杯)勝利祈願応援歌が公開された。 現代(ヒョンデ)自動車(www.hyundai.com)は11日、「メロン」「トシラク」などオンライン音源サイトと現代車南アフリカW杯マイクロサイト(worldcup.hyundai.com)で「勝利の叫び声」(Shout of Reds part2)を公開、本格的なW杯応援キャンペーンに入った。 「勝利の叫び声」は、レッドデビルズとKT(旧韓国通信)が共同制作したレッドデビルズ公式アルバムのうちTrans Fixionが歌った「The Shouts of Reds」を、BIG BANGのメンバーの躍動的で活気あふれるラップとボーカル、キム・ヨナのフィーチャリング、Trans Fixionのシャウティングで応援現場の雰囲気を出しながらリメークした曲だ。 応援キャンペーンの映像は、12日からBIG BANGが応援歌制作について議論する最初のストーリー映像を始まりに段階的に公開、5月末の最後のストーリーでは、来月の南アフリカW杯野外応援戦で国民が一つになって応援できるW杯応援歌と応援ダンスで構成されたミュージックビデオが公開される。 現代車の関係者は「今回の応援キャンペーンは、若者の間で大人気のスターが一緒に歌ったという点だけでも大きな話題になっている」とし「近く公開されるキム・ヨナとBIG BANGの応援歌とダンスが、W杯野外応援戦で国民が一つになる全国民的な応援キャンペーンになることを期待する」と述べた。

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2010年 05月 12日 01:37