[芸能] Rain「今まで交際した女性4人…常に結婚前提だった」





  バラード「君をつかまえる歌」で久々にアルバムをリリースする歌手Rainが「今まで交際した女性は4人」とし「皆、結婚を考えていた。恋愛すれば結婚を前提に真剣に交際するスタイル」と告白した。 

  Rainは1日、ソウル汝矣島のKBS公開ホールで行われた「乗勝長駆」(スンスンチャング)の収録で、高校の時の初恋の人と、デビュー前、最初で最後の合コンで会ったモデル、デビュー後は2人」とし「デビュー前に付き合った人と一緒に働くことになったとき、ドキッとしたし、うれしかった」と笑った。

  キム・スンウ、テヨンらMCが「それって一体誰なんだ」と聞くと「明らかにできない。次回にもう一回出演することがあったら話す」と言った。

  セカンドアルバムの「太陽を避ける方法」のプロモーション活動中は多くの女性芸能人たちからアプローチをされたという彼は「食事でもしよう」という言葉に「どうして僕と食事をするのか」と思ったが、今考えてみればその人たちは勇気を出して言ってくれた言葉だったと思う」と回想した。 

  Rainは最もスリルのあったデートに対し「初めて会った日、おぶってあげた記憶」とし「「目立つからと自動車みたいな閉鎖された空間でデートをすれば、互いに早く飽きが来てしまうようだ。南山や道峰山、清平のような所が良い」と話した。 

  Rainはまた「むしろ変装すれば見つかる。堂々と手をつないで歩いた方が、かえって気づかれない」とノウハウを公開した。





Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2010年 04月 03日 19:10