[芸能] チェ・ジニョンの自殺に衝撃、チョン・ソンヒがラジオ番組進行を交代





  チョン・ソンヒがチェ・ジニョンの訃報を受け、ラジオ番組の進行を交代した。

  29日にチェ・ジニョンの自殺を知ったチョン・ソンヒは、30日正午から放送されるSBS(ソウル放送)ラジオ番組「チョン・ソンヒのラブFM」の進行を交代した。 チョン・ソンヒはこの日午前から制作陣とラジオ番組の進行について話し合い、午前11時にこのように決めた。 この日、SBSのキム・イルジュン・アナウンサーがチョン・ソンヒに代わって担当した。

  キム・イルジュン・アナウンサーは放送で「昨日の悲報でチョン・ソンヒさんは放送を進行するのが難しい状況だ。 温かい一言が大切だと思う。 チョン・ソンヒさんも聴取者の皆様も頑張ってほしい」と伝えた。

  チョン・ソンヒは29日午後11時30分、斎場に現れた。 チェ・ジニョンの葬儀を主管するある関係者は「最近チョン・ソンヒさんは良くないことが重なり、斎場にも目立たないように足を運んだ。 メディアの目も避けて裏口から入り、遺族とも特に言葉を交わさず、涙を流して帰っていった」と説明した。

  チョン・ソンヒは最近、遺族の要求にもかかわらず、前夫の故アン・ジェファンの母の葬儀に出ず、一部のネットユーザーから非難を受けていた。 このためにチェ・ジニョンの斎場へ行くことも悩んでいたという。




Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2010年 03月 31日 18:27