[芸能] 【百想芸術大賞】イ・ビョンホンとキム・ナムジュ、テレビ部門最優秀演技賞





 KBS2「アイリス」のイ・ビョンホンとMBC「僕の妻はスーパーウーマン」のキム・ナムジュが第46回百想芸術大賞テレビ部門最優秀演技賞を受賞した。

  イ・ビョンホンは「アイリス」で諜報組織員として登場し、華麗なアクションと深みのある心理の演技で好評を博した。KBS2「勉強の神」のキム・スロ、「推奴」のチャン・ヒョク、MBC「僕の妻はスーパーウーマン」のユン・サンヒョン、SBS「カインとアベル」のソ・ジソブら強力な候補たちと競い、審査委員の満場一致に近い支持を得た。

  イ・ビョンホンは「『アイリス』という作品一つがあまりにも多くの栄誉をくれた。足りない点が多いのにこうした栄誉を抱かせてもらえたのは、私の未熟な点を理解してくださった視聴者たちのおかげだ。俳優、作家、スタッフたちすべての方々に花を持たせたい」とコメントした。

  キム・ナムジュは「私の妻はスーパーウーマン」で夫の内助のために献身する妻を演じ、主婦視聴者たちの深い共感を得た。笑いと涙が共存する好演で、審査委員から高い点数を獲得した。KBS2「アイリス」のキム・テヒ、キム・ソヨン、MBC「善徳女王」のコ・ヒョンジョン、SBS「華麗なる遺産」のハン・ヒョジュらと競った。

キム・ナムジュは「キム・スンウさんに感謝している。結婚して1人の男の妻となり、子供の母親となって初めて女優になれた。デビュー16年目に百想芸術大賞の会場に初めて来た。「僕の妻はスーパーウーマン」で一緒に過ごしたすべての方々に感謝している。大韓民国を代表するおばさん女優になれるよう最善を尽くす」と述べた。
function t_submit(idx) { document.f_temperature.t_sel.value=idx; // alert(document.f_temperature.t_sel.value+' '+idx); document.f_temperature.submit(); } function fn_MOver(t) { for(ti=1 ; ti



Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2010年 03月 29日 18:41