[芸能] 3月にアルバムリリースするイ・ヒョリ、女性グループへの切り札は?





  今月末、4枚目のアルバムをリリースするイ・ヒョリが、最近代表曲を決め、仕上げのレコーディングおよび振付作業に専念している。 少女時代、KARA、T-araら女性グループが歌謡界を席巻する中、ベテランの力を見せてくれるか関心が集まる。

  イ・ヒョリは4枚目で本格的にヒップホップに挑戦する。 代表曲は有名作曲家チョ・ヨンスが作ったアップテンポなダンス曲だという。しかしイ・ヒョリは正統ヒップホップスタイルの歌も収録しており、アルバムの完成度を高める予定だ。女性グループと差別化する切り札としてヒップホップを準備したのだ。リッサン、ダブルKら親交が厚いヒップホップの実力者たちが支援を惜しまなかった。

  イ・ヒョリの所属事務所Mnetメディア関係者は12日「イ・ヒョリは普段からヒップホップに対する関心が高く、ヒップホップ歌手たちと親交が厚い」とし「2007年にはヒップホップ歌手たちとプロジェクトグループを作る計画を立てていた」と伝えた。

  4枚目にプロデューサーとしても参加したイ・ヒョリは、アルバムリリースを数回延ばして完成度を追求した。 リリース予定である3月末は少女時代、KARA、T-araら女性グループが3強体制を固める時期になる見通しだ。ここにソン・ダムビの4月リリース説もある。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2010年 03月 14日 19:02